料理

夜ご飯が何も思いつかない!そんな時はワンプレートご飯がおすすめ

夜ご飯が何も思いつかない日はワンプレートご飯にしよう

夜ご飯が思いつかない日は、脳も疲れている証拠!

なので、そんなに手の込んだ料理ではなく、楽に作れる方法を探すのがGoogです!

私が楽したい日にする手抜きワザの一つがワンプレートご飯です。見た目も華やかに見えて、目もお腹も満足するワンプレートご飯のコツを伝授します。

ご飯が何も思いつかない日にワンプレートがオススメな理由

  1. 品数が少なくても形になるから簡単
  2. 洗い物が少ない
  3. 子供もお子様メニューのようで喜ぶ
  4. 簡単なのに凝っているように見えるので手抜きに思われない
  5. 食事制限をしたい人にも食事量が抑えられておすすめ

ワンプレートご飯は、一枚のお皿にご飯・サラダ・副菜などを載せるので副菜が最悪1つしか作れない場合でも全然大丈夫です。前日の残りがある場合はそれをのせれば更に時短&楽ができますね!

また、洗い物が少ないのもかなりの重要なポイントじゃないでしょうか?夜ご飯が何も思いつかない日は疲れているので、洗い物が少ないのは本当に助かります。

大きめのお皿に「ご飯・サラダ・副菜」を盛り付けするだけで、一気にカフェご飯のような雰囲気になりますよね。

そんな日のご飯もせっかく作ったのに「手抜きだな~」と思われてしまったら、残念でしかありません。

次では、華やかに見えるワンプレートご飯の盛り付けポイントについてお話しししていきます。




手抜きに見えないワンプレートご飯にする盛り付けポイント

  • どれか1品だけしっかり作ると全体がまとまりやすい
  • プレートに豆皿やココットなどを使って副菜やデザートをのせる
  • 3色以上の色を入れるよう意識する
  • 食事を活かすためにシンプルなお皿を選ぶ
  • 葉物野菜があるとバランスがとりやすい

メインに持ってくるお肉やお魚のメニューだけ少しだけ頑張れば、あとはなんとかカタチになります。

また、サイドメニューやデザートを盛り付ける時に小さめのお皿に入れたものをプレートに置くことで見栄えも良くなる上に、食べる時にもお皿を口元まで運んで食べれるのでとてもオススメです。

ただ、小皿が多すぎるのはNGなのでバランスを見て1~2個がオススメです。バランスのとり方に慣れてきて、3つ置いても変じゃない!という時にはもちろん3つ使っても大丈夫ですよ♩

プレートにのせる食材は、なるべく3色以上の色を使うととても華やかで美味しそうに見えます。ざっくり分けて「赤・黄・緑」が全て入るように考えましょう。

【赤のおすすめ食材】

パプリカ・トマト・にんじん・ビーツ・紫たまねぎ・紫キャベツ・紫カリフラワーラディッシュ・紫芋などなど…

【黄のおすすめ食材】

パプリカ・黄トマト・かぼちゃ・サツマイモ・とうもろこし・レモン・ズッキーニ・卵などなど…

【緑のおすすめ食材】

キャベツ・きゅうり・フリルレタス・ズッキーニ・アスパラ・アボカド・枝豆・ピーマン・ブロッコリーなどなど…

これらの中から一つずつ選んでのせることを意識するだけで華やかなプレートが出来上がります♩

厳選!簡単ワンプレートレシピ3選

1.トンテキ風ポークケチャップワンプレート

Cpicon

トンテキ風ポークチャップdeワンプレート by sachi825

お肉を焼いて合わせ調味料を絡めればOK。調味料さえ混ぜ合わせれば完成したも同然!付け合わせやサラダで彩を取り入れてますね。

2.チキン南蛮でカフェ風ワンプレート

Cpicon

チキン南蛮deカフェ風ワンプレート by tabatan

チキン南蛮も、簡単で凄く美味しいレシピの一つ。子供も主人も大好きなので良く作ります。

3.ワンプレート煮込みハンバーグ

Cpicon

ワンプレート煮込みハンバーグランチ★ by たけチャン

こちらも、ハンバーグさえ作ってしまえば完成したようなものです。ハンバーグも煮込みにすると簡単だから私もよくやります。
ハンバーグも茶色で地味なので。サラダと副菜等で彩をプラスしましょう。




まとめ

いかがだったでしょうか?今回はワンプレートご飯の作り方のコツや、簡単ワンプレートレシピをご紹介しました。
疲れている日にワンプレートで済ませる休息dayを作る事は、自分の心の余裕にも繋がってくるので大切です。

ぜひ、毎日のご飯は無理をせずできる範囲で用意しましょう。