ベビー

赤ちゃんが寝るまでほっとくとどうなるの?『ネントレ』の方法とは?

赤ちゃんが寝るまで抱っこをしたり、おっぱいをあげたりせずにほっといたらどうなるのか…と気になったことありませんか?

夜間頻繁に起きてしまったり、おっぱいがないと眠れなかったり寝かしつけに悩みを抱えているママは多いと思います。

欧米では赤ちゃんの時から寝室を分け1人で寝かせるといいますが、泣いてもほっとくのでしょうか?また、最近耳にする『ネントレ』と一致するのかも含め調査してみました!

 

欧米の寝かしつけ【赤ちゃんが寝るまでほっとく?】

欧米の寝かしつけ

欧米では産まれる前から子供部屋を用意し、後数か月から1人で子供部屋で寝かせるという習慣を聞いたことがある方も多いかと思います。

日本ではメジャーでない方法ですよね。これは日本の住環境も大きく関係しているようです。

欧米のように1人で寝かせる子供部屋を用意できない住宅であったり、周りの家が近く子供を泣かせておけない環境などといったことも日本の場合大いにあるでしょう。

川の字に寝る家族のイラスト

 

ですが、欧米では大人と子供の寝室は分け、赤ちゃんの時から別に寝るのが当たり前。

夜間授乳が必要な月齢の場合は、授乳はもちろんしにいきますが終わったらベッドに戻しおやすみと部屋を出てしまいます。

安全の確認は、赤ちゃんの近くにベビーモニターを設置して行っているようです。

赤ちゃんが泣いたらお部屋に行き授乳や抱っこで寝かせたり、中には寝るまで泣かせるという手法をとる方もいるようです。

 

赤ちゃんが寝るまでほっとくとどうなるの?

結論から言うと『一人で寝れる子になる』そうです!

大変なのは最初の1日だけで、その後は段々慣れて個人差はあるもののだいたい1週間程度で眠れるようになるとのこと。

泣かせ続けるのはかわいそう!と思ってしまいますが、その後しっかりと自分で寝られるようになるというのはいいことですよね。

産後うつ対策にもいいという意見もあるようです。

 

愛着形成や親子関係においては添い寝をした方がという見解もありますが、最近では添い寝をしてもしなくても5年後の親子関係に差はないという研究結果も出ているようです。

 

愛着形成については、添い寝するしないというよりも日中の過ごし方の方が重要なのかもしれません。

賛否はあるにしても、ほっておくと赤ちゃんは自分で寝るというということができるようになることがわかりました。

実はこれ、日本でも最近『ネントレ』として取り入れられている方法なんです。




寝んねトレーニング『ネントレ』とは?

ネントレとは?

ネントレとは『寝んねトレーニング』の略で、赤ちゃんが一人で寝る力をつけるトレーニングのことをいいます。

みんながするトレーニングではありませんが、最近は取り入れるママも多いので聞いたことがある方も多いかと思います。

ネントレの方法

ネントレは一般的に生後5・6か月ごろから行います。

ネントレには様々なメソッドがあり、『泣いても全くあやさずに放置』という方法や『一定時間をすぎたらあやしに行く』という方法などいくつか手法がありますが、基本的にはこのようなやり方で進めていくようです。

ネントレ方法

  • 起床時間・就寝時間を決める。
  • 就寝場所は同じ場所にする。
  • 就寝前の儀式を決める。(本を読む、好きな歌を聴くなど)
  • 部屋は暗くし、少し様子を見たら親は退出。
  • はじめは1~2分ごとに様子をみにいき、泣いていたたらトントンしてするなどしてまた退出
  • その後はだんだんにその間隔を延ばしていく。

これを数日繰り返しているとだんだんと自分で寝れるようになるんだそうです。

大泣きしてしまうと抱っこしてあげたい気持ちになりますが、最初の数日はママも頑張って続けると効果はでるようです。




ネントレしたママの体験談

あやちゃんママ
あやちゃんママ
ママも頑張らなきゃいけないんだよね。私はなかなかうまくできなかったんだ~

私は2人の子どもがいますが、2人とも自分の隣で寝かせ泣いたら添い乳という方法に落ち着いてしまいました。

眠い時楽なんですよね…。

ただ長女の時も感じたことですが、添い乳ってクセになる。うちだけではないはず。

 

どうやら添い乳に限らずおっぱいで寝かしつけをしていると【おっぱい=安全・安心】といった定義づけされてしまうそうで、少し起きてしまった時にもおっぱいを探して泣いてしまうんですって。

 

かわいい…♡けど、頻繁に泣かれるとそうも言っていられない。

 

私も8か月の息子がいるので、やってみよう!と思ったものの、泣かせ続けるのって思ったよりこちらも辛いです。

そして結構赤ちゃんは諦めない。笑

 

我が家は長女が隣で寝ているのでギャン泣きを続けさせることもできず、結局チャレンジは半端に終わってしまいました。

 

私のように失敗で終わらせないためにも環境も整えたうえで、どんなに泣いても頑張る!と決意して始めればうまくいくはずです!!

我が家は、長女も主人も連休の時に覚悟を決めてリベンジしようと思っています。

うまくいってるママの声

 

苦戦しているママも




まとめ

赤ちゃんはほっとけば寝れるようになるということがわかりました。

ただ、一言に「ほっとけば」と言ってもママが赤ちゃんをほっとくってなかなかできません。ネントレとして取り入れてみようという場合は、諦めないと決意し数日はママも頑張る覚悟で始めましょう。

そうすればきっと赤ちゃんもぐっすり眠れるようになり、ママも睡眠や自分の時間が取れて楽になってくれるはずです!

日本育児のベビーモニター口コミ!【デジタルカラースマートビデオモニターⅢ】ベビーモニターを購入を検討中の方へ… 第1子の時は買おうか悩みながらも結局購入しませんでしたが、第2子が産まれ寝相の悪い上の子と同じベ...