ベビー

離乳食の進め方が難しくて分からない方に【だしの基本】




実は主婦の中で「だし」をとるという事に、苦手意識を持っている人がかなりの割合でいるのだそうです。

現代では大人のご飯などでは市販の出汁なんかも気軽に使えてしまうので、尚更ですよね!

ただ、離乳食作りでは最初から市販の出汁を与えるのは少し気が引けてしまいます。とても簡単に出来上がるので、作り方を覚えて苦手意識をなくしてみてください♩

 

離乳食の進め方が難しくて分からない方へ【5.6ヶ月】 初めての育児で毎日がてんやわんやなのに、赤ちゃんの体調を見ながら沢山の食材を用意して、ストックして...毎日毎日やらなければいけない...

離乳食の味付けの基本になるのが「だし」

だしで味付けと言われると難しそうと感じる人もいるのではないでしょうか???

でもでも、1度やり方さえ覚えてしまえばとっても簡単なんです♩

とても簡単で美味しいので「昆布とかつおのおだし」の作り方を覚えて、製氷型などで固めて冷凍保存してみてください。

昆布とかつおのだしの作り方

材料

水…400ml

かつお節…1つまみor1パック(かつおのふしのみが入っているものを選ぶ)

乾燥昆布…5×5センチ角くらい

1.お鍋に水と昆布を入れて30分浸しておく。(昆布は水洗いせずに濡れたふきん等で白い部分をふき取る程度にしましょう)

2.30分経って昆布が柔らかく戻ったら火にかけます。ここでのポイントは沸騰させない事!沸騰する前のフツフツとなってきたくらいで、昆布は取り出します。

3.そこにかつお節を入れて、沸騰した状態で1分間煮立たせる

4.ざるでこして完成です!

冷凍保尊は最初ジップロックで保存していましたが、タッパーの方が私は使いやすかったです。

ジップロックにするなら冷凍保存用のジップロックが100均に売っているので「冷凍保存用」のモノを選ぶことをお勧めします。普通のやつよりもかなり冷凍保存向きでした!

また、私は割とだいたいの分量で作っています。そんなに神経質になる事はないかな?と思うので、目分量も大事です(^^)

完成したおだしは、製氷容器等に流して固めればキューブ状のおだしがいつでも使いたい量使うことができます。冷凍保存したものは、1週間で使い切るようにしましょう。一度に沢山作りすぎると使い切れないので、製氷容器で一度に作れる分だけにして、残ったお出汁は大人の料理に使うのがオススメです◎

まとめ

いかがでしたか?覚えてしまえば簡単ですよね!

ぜひ、赤ちゃんの離乳食や大人のご飯にも活用してみてください♩

 

 

【赤ちゃんの便秘に効果あり】ツボ押しよりも簡単な方法 我が家には、2人の子どもがいます。現在2人目が7ヶ月になり、離乳食も2回食が定着してきました。 するとほとんど水分を含んでいないよ...

 

離乳食の進め方が難しくて分からない方へ【7.8ヶ月】 離乳食って、意外と手間がかかるし、進め方の詳しい説明って意外とないしどうすれば良いか分からなくなってしまう方いませんか? そんなマ...