お弁当

お弁当に入れたい緑のおかず【子供でも食べやすいおかずは?】

子供のお弁当って色が茶色や黄色ばかりになりがちではありませんか?

特に野菜が苦手なお子さんのお弁当の彩りで悩んでいる方も多いのではないかと思います。

今回は、子供でも食べやすい緑色のおかずをご紹介しますので、ぜひ試してみてください!

お弁当に入れたい緑のおかず

彩りとしても栄養を考えても入れておきたい緑のおかず…でも子どもが食べるものというとちょっと限られてしまいます。

この写真のように葉物野菜を挟めると手軽に緑を足せて華やかにできますが食べれないお子さんも多いかと思います。そんな方はこれからご紹介するおかずを参考にしてみてくださいね!!

枝豆のおかず

我が家のおすすめは枝豆!定番かもしれませんが野菜嫌いの子供でも食べやすい野菜なのではないかと思います。

皮付きのまま入れてしまってもOKですがひと手間加える時間がある方は可愛いおかずもできます!

枝豆とちくわでトリさん

ちくわに枝豆を入れてゴマやケチャップでお顔を書くとこんなに可愛いトリさんに♡小さい子供も喜ぶかわいいおかずです。

こちらの作り方動画はインスタで紹介しています⇓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ずぼ〜ら主婦。(@oto.ku.rashi)がシェアした投稿

 

もっと簡単!ピックに刺すだけ!

枝豆をピックに刺すだけでもかわいく彩りをプラスできます。

枝豆は冷凍を常備しておくととても便利ですよー!!

 

きゅうりのおかず

きゅうりは好き嫌いが別れるかと思いますが、火を通さず使えるので便利な野菜!

ちくわにイン

きゅうりもカットしてちくわに詰めると見た目もそれなりのおかずになります!マヨネーズを付けるのもおすすめ!

 

きゅうりの飾り切り

飾り切りをしてあげるだけで子供も喜びます!

Cpicon お弁当に ♬ 簡単きゅうりの飾り切り♡ by Y’sKitchen

 

Cpicon お弁当のすき間に!くるくるきゅうり by サ☆チ

 

ハムときゅうり

Cpicon お弁当を華やかに♪簡単ハムきゅうり巻き☆ by たからもの。

 

きゅうりの漬物

漬物も食べやすいのでおすすめです!

Cpicon 蛇腹きゅうりの白だし漬け★お弁当にも by とまぷり★

 

 

 

ブロッコリーのおかず

ブロッコリーも茹でてそのまま入れることができますが、ひと手間加えてより食べやすくするレシピをご紹介します!

相性抜群エビとブロッコリー

定番の組み合わせ!こちらは子供も好きな味のはず…

Cpicon エビとブロッコリーのオーロラソース和え by コウちゃん(愛犬

Cpicon お弁当に☆えびとブロッコリーの塩あんかけ by myとんすけ

 

 

ピーマンのおかず

子どもが嫌いな野菜にも必ず登場しますが栄養価も高めたい方にはおすすめのピーマン!

子供も食べれるとウワサの無限ピーマン

ツナも入っていて食べやすいです!お試しあれ!

Cpicon つくれぽ8000感謝やみつき無限ピーマン by tokuherb

 

肉詰めピーマン

お弁当にも入れやすい輪切りの肉詰めピーマン!ケチャップで赤色も足せる!

Cpicon ピーマンの肉詰め 輪切りがおススメ! by いちみん☆

 

肉巻きおかず

お肉で巻くとおいしく食べれちゃう!肉巻きもおすすめです♡

Cpicon にんじん&いんげんの豚肉巻き☆ by NaoMama♫♬

 

カップで緑色を

やっぱりお野菜はダメ!というお子さんは無理はせずお弁当用のカップや仕切りやピックで緑をプラスするのもおすすめです。

娘の幼稚園では、年少の時『お弁当の時間は楽しい時間にしたいので、お野菜のチャレンジはお家で…』といったことをはじめに言われました。確かに慣れない幼稚園で野菜のチャレンジまでさせる必要はないと思うので無理は禁物です!

おすすめアイテム⇓


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新鮮すぎるお弁当しきり ベジカベ G-レタス
価格:440円(税込、送料別) (2020/11/4時点)

楽天で購入

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料メール便専用】 はっぱのピック2 8P P-3328
価格:315円(税込、送料無料) (2020/11/4時点)

楽天で購入

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?お子さまが食べれそうな緑のおかずはありましたか?

無理なく食べれるか、お野菜嫌いのお子様にはまずお家のご飯のおかずで試してみてから入れてみるといいかもしれません。

少し入るだけでも見栄えが良くなる緑のおかず…ぜひ試してみてくださいね!